大容量ファイル転送サービス

OpenText Managed File Transfer

OpenText Managed File Transfer(MFT)プラットフォームは、セキュアな方法で、取引先の迅速な導入、既存システムの可視化、コンプライアンス違反リスクの低減を可能にします。

MFTの主要な機能:

  • 導入ワークフロー — 顧客やサードパーティとの接続を導入および変更するステップを構成します。ルールのセットアップ、テンプレート、招待、データプロファイル・リポジトリ、テスト、認定などが含まれます。
  • データ配信の保証— チェックポイント/リスタートに対応し、ハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク内の操作エラーや障害による中断の際、自動的に伝送を再開します。
  • 可視化 — 複数のファイル転送システムからトランザクション処理状況やパフォーマンスおよび利用率に関する指標を取得して表示します。お客様は顧客や取引先との複雑な伝送を気にせずに情報を把握できます。
  • 例外管理 — ネットワークの状態とデータの移動状況を監視し、ファイル転送プロセスのエラーがあれば検出します。アラート、通知の起動、根本原因データへのドリルダウンビューによって、対応と解決をスピードアップします。頻発するファイル転送プロセスエラーについては社内チーム、顧客、サードパーティと協力して修復します。
  • レポートと監査 — メッセージ、ファイル、トランザクション、ユーザーに関してSLA(サービスレベル合意)、コンプライアンス、およびパフォーマンスのレポートをサポートします。顧客スコアカードにより、透明性のある評価結果と指標を取引先と共有できるため、顧客サービス向上と競争上の差別化が促進されます。

MFTの特長:

  • 詳細なレポートでコンプライアンス違反リスクを低減
  • 導入所要期間を数か月から数日に短縮
  • FTPおよび電子メールによる転送を置き換えることで、保護されていない文書交換のリスクを解消
  • 既存ソリューションの手動プロセスを廃止
  • 安全でスケジュールどおりの文書配信を保証
  • 作成、編集、配信、削除を含む、文書ライフサイクルの完全な把握が可能
220x250px_MFT_LargeEnterprises

OpenText Business Network のお問い合わせ

電話:(03) 4560-6901

Back to Top