企業間取引におけるB2Bビジネスプロセスの自動化、取引フローの電子化が加速しています。意思決定のスピードアップ、顧客や市場の常に変化する要求への迅速な対応、ビジネスプロセスの最適化を図るために、こうしたトランザクションを可視化するニーズも高まってきています。ビジュアライゼーションと分析の機能を活用することで、企業はB2Bトランザクションの流れに関する有益なビジネスインサイトを持てるようになり、市場をリードするのに必要な戦略的な意思決定を行えるようになります。

Trading Grid上のB2Bデータ分析

Trading Gridをご利用のお客様は、ビジネスフロー全体へのインサイトを提供する新しいタイプの分析機能を通じて、可視化と分析の新たな機能をご利用いただくことができます。企業は非常に重要なビジネスインサイトを獲得し、B2Bトランザクションおよび取引先に関する情報に基づいて行動するために、Trading Grid Analyticsでは、Trading Grid経由で交換される豊富なデータに容易にアクセスでき、また分析や表示することが可能です。シンプルで直感的なユーザーインターフェースを搭載し、例外処理に取り組む際に必要となる「追跡&証跡」データ、そしてパフォーマンスの傾向を確認するために必要なサマリーデータをタイムリーに提供します。このようなインサイトという情報の武器を手にすることで、企業は変化するビジネスニーズに対応し、市場における競争力を高めるのに必要な俊敏性と即応性を強化することができます。

Trading Grid Analyticsは、企業にとって以下のような運用上の重要な疑問に対する答えを見出すことが可能です。

  • 最大の取引先はどこで、その取引先とは何件のトランザクションを完了しているか
  • 休暇シーズン中に最も多く注文を出したのはどの顧客か
  • 発注書の変更を最も多く送信しているのはどの顧客か
  • 出荷の遅延はあるだろうか
OpenText Business Network のお問い合わせ

電話:(03) 4560-6901

Trading Grid Analyticsの機能には、以下が含まれます:
  • tg-analytics-dashboard標準レポート:設定可能なステータスレポートは、送受信されるファイルやトランザクションに関する情報を提供します。また、ソート、フィルター、保存、スケジュール、配信などの様々なパワフルな機能を利用できます。
  • アドホック・クエリとレポート作成:ドキュメントタイプ、取引先、日付、時刻、ステータスなどで検索し、トランザクションのカスタムレポートを生成します。また、レポートに記載する項目を設定し、特定のニーズに合わせることができます。
  • ダッシュボードとアラート:シンプルで直感的なユーザーインターフェースは、例外処理に取り組む際に必要となる「監理&追跡」データ、そしてパフォーマンスの傾向を確認するために必要なサマリーデータを提供します。
    また、ドリルダウンを行って具体的な詳細を表示し、Microsoft® Office との連携によりデータをエクスポートすることもできます。
Trading Grid Analyticsの進化とともに、将来的に以下の機能拡張が計画されています:
  • 設定変更が容易なダッシュボード:さまざまなアプリケーション(たとえば、調達から支払、電子請求、コミュニティ管理、MFT:大容量ファイル転送など)からのEDIデータと非EDIデータを統合・、組み合わせて、信頼性、応答性、柔軟性、取引先のパフォーマンス、電子請求の実績など、サプライチェーンの動向に対するインサイトを得ることができます。また、これらのダッシュボードを、ご利用いただくお客様が定義したルールに基づいてワークフローと連携させることも可能です。たとえば、ダッシュボード上で、顧客からの注文量が1ヵ月で20%下落していることが表示されている場合に、ユーザー定義のビジネスプロセスを発生させたり、組織内の特定の利用者に通知を送信することができます。
  • スコアカード:注文請書、請求書の精度、時間通りの配送、ASNの適時性、フィルレート(充足率)などの主要業績指標(KPI)を視覚的に表示します。スコアカードを使用して、意思決定者は取引先のパフォーマンスの測定、評価、および分析を行うことが可能になります。
  • 予測分析:アプリケーションからB2Bデータの分析を行える高度な統計モデルです。在庫管理、物流、その他戦略的な計画が求められるすべての領域における傾向とニーズを予測できます。
  • プロファイル / ベンチマーク:業界標準に対して組織のパフォーマンスを評価し、競合他社に追随する、あるいは勝るプロセスへのインサイトを提供することで、組織が適切に対応できるようにします。経済指標のインサイトにより、組織は戦略的な計画策定に必要な予測が行えるようになります。
Back to Top