複数B2Bゲートウェイの統合によるコスト削減

B2Bデータ連携・統合を始めるにあたり

  • 国ごとに独立したB2Bデータ連携・統合プラットフォームを運用していますか?
  • フランスのチームと日本のチームはB2Bプロジェクトについて本社と連携していますか? またはその逆はありますか?
  • ベルギーのB2Bゲートウェイのディザスタリカバリ計画はありますか?

このうち1つでも懸念がある場合は、B2Bゲートウェイを1つのプラットフォームに統合することを検討してみてください。多くの企業で採用され始めている共有サービスモデルでは、IT組織が、事業を展開する国に共通の一元化されたB2B機能を提供します。一貫性のあるクラス最高のグローバルなB2Bシステムを利用することで、十分なコスト削減と顧客満足度の向上というメリットが得られます。

OpenText Business Networkがシェアードサービスセンターを運用 — 多くの多国籍企業がOpenText Business Networkを利用してB2Bゲートウェイを1つのプラットフォームに統合しています。OpenText Business NetworkのB2Bデータ連携クラウドプラットフォーム「Trading Grid」には、世界各国でそれぞれ義務付けられる多種多様な規制、メッセージング標準、利用規約への対応に必要な機能があらかじめ組み込まれています。さらに、OpenText Business NetworkのB2Bデータ連携・統合クラウドサービス「Managed Services」を利用していただきますと、接続の移行、マップ(データフォーマット変換)の再作成、機能のテストに伴う大量の作業をすべてお客様に代わり、OpenText Business Networkが対応します。
OpenText Managed Servicesの詳細 »

一元化への準備 — すべてのトランザクションを1つのB2Bネットワークに標準化することで、取引先が対応しやすくなります。Trading Grid Messaging Serviceは、世界中の取引先とEDI、XML、およびファイルを交換できる真のグローバルネットワークです。

製品カタログ

Managed Services(日本語)

OpenText Business Network のお問い合わせ

電話:(03) 4560-6901

Back to Top