サプライチェーン内の在庫の流れを促進

  • サプライヤからの出荷がいつ物流センターや工場に到着するか把握できていますか?
  • 欠品や供給不足にならないようにサプライチェーン内にバッファ在庫を用意していますか?
  • 在庫回転率を上げるためにクロスドックまたはFRMの導入をサプライヤと計画していますか?

このうち1つでも懸念がある場合は、取引先からの入庫プロセスの自動化をさらに進めることをご検討いただくことをお勧めします。取引先にASN(事前出荷明細通知)の送付を要求することで、サプライチェーン内の在庫の流れを大幅に改善できます。いつどの商品が入庫するかを把握できれば、それに合わせた要員計画や、出庫側の配送業者とのクロスドック手配が可能です。より確実な在庫見積が可能になり、バランスシートの足かせとなる安全在庫の削減につながります。

実績と定評のある優れたソリューション — 取引先からはすでにASNが送付されているものの、不備の多さや導入率の低さに苦心している場合は、OpenText Active Intelligenceをご検討ください。ビジネスルールをモデル化して、ASNのデータ品質低下の根本原因を特定できます。スコアカードを作成して取引先の実績を測定することも可能です。
OpenText Active Intelligenceの詳細 »

OpenText Business Network のお問い合わせ

電話:(03) 4560-6901

Back to Top